ベッドカバー

Iolani Palace Coronation Stand パターン

DBC-013
DBC-013
DBC-013

The Hawaiian Quilt Reserch Project所蔵のパターン。イオラニ宮殿にガス灯が導入された際の記念に作られた作品だと思われたのですが、どうもイオラニパレスのコロネーションパビリオンをモチーフにしているようです。詳細は不明なのですが、ハワイに松明以外の文化的な灯りが導入された際に、多くの作家がそのことを記念した作品を多数残しているようです。これ自体は、アンティークタイプのパターンで、枠のボーダーもありませんし、全体に対して小さめに配置されているパターンですので、周囲のエコーキルトをきちんと仕上げると古風な仕上がりになります。これはハワイアンキルトリサーチプロジェクトのWebsiteで見つけた写真をトレースしたものです。デザインパターンの制作者は不明で、古典のハワイアンキルト作品を制作してみたいと自分たちの研究用にトレースしたものです。
制作を希望される方は、一度お問い合わせください。販売目的に使用しないことをお約束ください。

>>植物の詳細はこちら
■225×275cmのベッドカバーのパターン。
■100%サイズ、中心部分は8分の1、フレームは4分の1サイズです。
■25%サイズ展開図付き
■作品写真から描き出したキルトラインがパターンに記載されています。
※この商品は非売品です。製作を希望される場合は、以下よりお問い合わせください。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥0

数量   パターン

イオラニパレス・コロネーション・パビリオンは、カラカウア王とその王妃カピオラニが1883年2月12日に開催された例のイギリスで入手した王冠の戴冠式を行った場所です。現在はハワイ州知事の就任式に使われたり、金曜日の午後に無料のコンサートが開催されたり、イオラニ宮殿のバンドによる演奏などが行われています。観光の名所でもあるイオラニ宮殿を訪ねた際にごらんになって見てください。

100%サイズのパターン(このパターンは4分の1)パターン1枚。25%の展開図を別途添付していますが、販売はいたしておりません。パターン出力費用と送料は別途いただきます。

カット線は、2ptで描かれている太い線です。作品を制作する際は、この型紙を直接切るなどはしないで、トレーシングペーパーや、プラスチックシートなどで、トレースしたものを新たに型紙として作成してください。

その型紙をアイロンをかけ、8分の1に折った布に、ストレートライン、バイアスラインに注意しながら、布に置き、まち針などで、型紙を固定し、チャコペンシルなどで、カットする線を布にトレースしてください。布のはぎ方やカットの方法の説明はございません。当サイトはパターン販売をすることを目的としておりますので、ハワイアンキルトの作り方や材料などは、所属している教室もしくは、別途日本ハワイアンキルト製作所が主催するカッティング集中講座の受講をおすすめします。詳細はそちらをご覧ください。また、日本ハワイアンキルト制作所の手法などについては、ハワイアンキルトの教科書にも詳しく記載されておりますので、そちらをお求めください。

その後型紙を外した状態で再びまち針などで折った布がずれないよう固定してから、よく切れるはさみで、一気にカットします。当サイトには、ハワイアンキルトの作り方の説明ページはございません。デザインパターンのみ提供させていただいておりますことを、ご理解の上ご利用ください。

その他ご不明な点や、パターンご依頼などは、お気軽にお問い合わせください。皆様のハワイアンキルト制作が楽しく行っていただけることを心から願っております。また、できあがった作品写真をお送りください。ブログやギャラリーなどで、ご紹介させていただきます。できあがった作品は、ギャラリーやブログにてご紹介させていただいております。

■ この商品は販売対象商品ではありません。

関連商品

error: 右クリックはできません。申し訳ありません。